Python

機械学習

RNNによる文章自動生成

RNNモデルを使って文章の自動生成が出来るのは有名な話ですが、独特な語り口の作家なら、その作家が書いたと分かるような文章を生成できるはずです。太宰治の人間失格を教師として走れメロスを描いてもらいます。
Python R

Pythonによるディープラーニングの実装➂

pythonで1から作るディープラーニング第3弾です。プーリングについて解説し、プーリング層の実装をします。写真をMax Pooling すると、輪郭が取り出されることを実験して確かめます。
Python R

Pythonによるディープラーニングの実装➁

pythonによるディープラーニング実装記事第二弾です。画像認識の問題では、ニューラルネットワークを考えても微妙な事が多いです。行列そのものに操作を加える畳み込みの解説と実装をします。畳み込み層とアファイン層それぞれに画像を通してみて、畳み込み層が画像を図形として捉えている事を確認します。
機械学習

Pythonによるディープラーニングの実装①

python で1からディープラーニングを実装します。この記事では、隠れ層を沢山持つニューラルネットワークモデルを実装します。実験してみると、単純に層を深くするだけではあまり意味が無い事が分かります。
Python R

Pythonによるニューラルネットワークの実装➂

python でニューラルネットモデルを1から実装する記事の最終回です。前回までで、正解の予測と勾配の計算が出来るようになりました。今回はパラメーターを更新する為の関数を作成し、実fashon mnist の分類問題を解かせます。
Python R

Pythonによるニューラルネットワークの実装➁

1からニューラルネットワークをpythonで実装します。これは2番目の記事です。誤差関数の計算と、勾配の計算をする関数を実装します。
Python R

Pythonによるニューラルネットワークの実装①

ニューラルネットワークモデルをpython で1から作ります。この記事では、データを受け取って予測値を返す関数と、正解率を計算する関数を作成します。
機械学習

汎化性能、表現力はトレードオフな事が分かる記事

機械学習で必ず直面する問題の一つに過学習があります。過学習は、表現力が高すぎる故に起こる現象です。汎化性能が表現力とトレードオフである事を説明し。汎化性能を高める方法を解説します。
Python R

Google Colab によるpython環境構築

機械学習を始めるにあたって、環境を作るのが第一の壁になります。既に作られたライブラリが沢山あるので、python がオススメです。Google が提供するサービスを使うことで、python 環境が簡単に作れます。さらに、性能の良いパソコンを計算に使うことが出来るようになります。
タイトルとURLをコピーしました